ブログトップ > アーカイブ - 2008年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > アーカイブ - 2008年01月

わたしは・ゆめを・みる


 夢はカラーのものとモノクロのものとがあるそうです。
 私はカラーの夢ばかりみます。


にほんブログ村 写真ブログへ
クリックしていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

ブログトップ > アーカイブ - 2008年01月

読書メモ『さあ、気ちがいになりなさい』

 フレドリック・ブラウン『さあ、気ちがいになりなさい』 早川書房
[収録作品:“みどりの星へ” “ぶっそうなやつら” “おそるべき坊や” “電獣ヴァヴェリ” “ノック” “ユーディの原理” “シリウス・ゼロ” “町を求む” “帽子の手品” “不死鳥への手紙” “沈黙と叫び” “さあ、気ちがいになりなさい”〕

 私の好きな作家、星新一が訳をしていたので選んだのですが――十月に購入した六冊の中で一番面白い本でした。表題作のみで言えばマルセル・エイメの『壁抜け男』なんですが、こちらは話に当たり外れがないんです。

 地球最後の男のいる部屋のドアがノックされるシーンで始まる“ノック”や、誰もいない森で木が倒れたらその音は存在するのか否かという昔からの議論を膨らせた“沈黙と叫び”など、話の上手さに唸らされます。(“沈黙と叫び”は以前にも読んだことがあるというのに)。
 表題作を含めて全てが一定基準以上のレベルにあり、各人の好みによってどれが好きか変わると思いますが、私の一番は“電獣ヴァヴェリ”です。心にジンと来る読後感がたまりません。
 簡潔で癖のない星氏の文体もよく似合っています。「翻訳ものって、文章がまだるっこしい」という私のような人に薦めたくなるような本です。

 ですが非常に残念な点が二つあります。
 それは解説。
 一つは、「解説の方が、表題作のオチをバラしてしまっている」こと。
 一応伏せられている所もあるものの、読み手が一番知りたがっていたことは明確に書かれていて、推理小説に例えるなら「犯人はAだよ。トリックは内緒だけど」というレベルです。隠している意味がありません。
 二つ目は「この本に収録されていない、ブラウンの別の小説のオチもバラしている」ことです。
 一つ目のことはまだともかく、どうして収録されていない作品のオチまで書いてしまうのでしょうか。ネタばらしされることで興味のわくものと、そうでないものとがありますが、こちらは完全に後者でした。
 「ここには載っていないけど、こうこうこういう話もあって、それが凄く面白いんだよ」くらいの紹介なら、ブラウンに興味を持った一読者として嬉しかったのに――残念です。
 解説は読まないことをお勧めします。
(※解説の最初の文を見るに、復刊後の方のみのようです)

 本自体は本当にお薦めです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
 何故か読み終わる寸前まで、ダールと勘違いしていました。
 ……名前が混ざるんです。

ブログトップ > アーカイブ - 2008年01月

読書メモ『眠れぬ夜に読む本』

 遠藤周作『眠れぬ夜に読む本』 光文社文庫

 「ぐうたら」シリーズとは違って、おちゃらけた所のない真面目なエッセイ。内容は著者の興味のある事柄が並んでいるといった印象。

 文章の合間から当時の著者の年齢を感じてしまって、しんみりしながら読みました。
 歴史好きの人にとっては共感できる本になるのでしょうか?
 興味の範囲が狭い私にとっては正直退屈な箇所もありましたが、遠藤周作という人物の厚みを感じさせるものでもありました。作家仲間の話はここでも笑えます。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ブログトップ > アーカイブ - 2008年01月

読書メモ『守銭奴』

 モリエール『守銭奴』 岩波文庫

〔勝手なあらすじ〕
 クレアントの父、アルパゴンは有名な吝嗇家。彼が常々心配しているのは、自分の隠し持っている財産を誰かに奪われるのではないかということ。
 ある日、アルパゴンは自分の子供のように若い、しかしお金のない女性――マリアンヌに恋をした。相手からの持参金は上手くせしめたいが、自分の財産は一銭だって遣いたくない。そこでいかにお金をかけずに彼女を娶るかと画策し始めるが、運の悪いことにマリアンヌはクレアントの想い人だった。
 何とかアルパゴンからお金をせしめてマリアンヌと結婚したいクレアントと、アルパゴンの勧める縁談を避けて他の男と結婚したいクレアントの妹やその恋人。他の人間も巻き込んで、それぞれがそれぞれの思惑のために駆け引きを始めるのだった。

 単純なおかしさなら『いやいやながら医者にされ』、人間の持つ愚かな部分を笑いに昇華している点では『人間嫌い(ル・ミザントロープ)』の方が上だと私は思いました。上記二作品の良さをどちらも持ち合わせているとも言えますが。
 それでもページを繰ったら最後、一気に読まされてしまいます。
 テンポの良さや噛み合わない会話はさすが。
 モリエールの喜劇は読みやすく、面白く、それでいて人間の根っこも上手く描き出していて大好きです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

entry
category
profile

sano

Author:sano
 2008年から小型水槽と共に暮らしています。
 好きな水草はアナカリスとマツモ。
 このブログには、私が飼っている小型魚の写真を載せています。見て行って下さいね♪

 管理人:sano
 1366×768
 画像などの無断転載はお止めください。(書くまでもありませんが……)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑登録しています。クリックして頂けると幸せ。

form
link
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

rss
copyright
Author by sano

Designed by マンゴスチンw

デジタル! ふぉと *DE* 小型魚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。