ブログトップ > アーカイブ - 2009年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > アーカイブ - 2009年10月

外メダカ飼育メモ*稚魚

(メダカのマクロ写真があります。魚が苦手な人注意)

 屋外で飼育しているメダカたち。
 室内の水槽よりシンプルというかアレでして、発泡スチロールの容器に赤玉土を敷いて、水草はアナカリスだけです。(マツモも入れたんですが枯れました。ホテイアオイも同様)
 水温の急激な変化が怖いので鉢より保温性の高い発泡スチロールにしたんですが、ここに根の張る水草を入れるのは危険な気がします。突き破りそうで。発泡スチロールは水草には不向きで、メダカ飼育向けという感じです。
 火鉢でも飼育してみたいです。乱歩の『灰神楽』を子供の頃に読んでから、火鉢に憧れがあるんです(メダカ関係ないよ!)

白メダカ

 写真撮ってみましたが、やっぱり照り返しがキツイです。そして水が冷たい
 十月も終わりですし、水道水より冷たくなっています。


白メダカ
気泡(?)を口から出すメダカさん。

 初めて卵から育てたメダカです。すっかり大きくなりました
 目の上にアイシャドーのような青が入っているところが、お母さんメダカに似ています。
 稚魚ではないけど親メダカ程大きくもなく、若魚といった感じでとても可愛いです。飼育者の欲目全開です。


白メダカ仔魚

 仔魚だった頃の写真です。この頃の愛称は「白ゴマ」でした。(その前は「黒ゴマ」)
 死なせてしまったらどうしようかと、育て方を三通りに分けてみたんですが、取り越し苦労でした。思っていたよりも丈夫で、孵化さえすればみんな育つみたいです。あと生まれるタイミングも、二日くらいの遅れならすぐに他と混ざってわからなくなりました。
 問題は孵化しない卵があったことです。身体は出来ていたみたいなんですが、卵を破ることが出来なかったように見えました。次に活かしたいです。
スポンサーサイト

ブログトップ > アーカイブ - 2009年10月

まんまるマクロ5

まる

 まんまる だって 凍ることがある。にじいろとむらさき。

ブログトップ > アーカイブ - 2009年10月

まんまるマクロ4

まる

 キラキラしていて柔らかいもの。
 シャボン玉に似ている。

ブログトップ > アーカイブ - 2009年10月

サカマキガイも可愛いぞ

 今年から、外でもメダカやら小さい生き物たちを飼っています。
 でも日当たりが悪くて……
 光の照り返しもあって、室内よりも写真が撮り辛いです。

 寒くなってきたせいか、警戒心を高めたメダカたち。
 目の前に餌がくるまで、じっと隠れてしまっています。

 水草をそっと掻き分けるとミナミヌマエビが顔を出したり……。
 さらによく眺めていると、小さなカワコザラガイが水草にくっついているのが見えたりして。
 まるで子供の頃にやった用水路の観察のよう。
 これはこれでなかなか楽しいです。

 その中で警戒心ゼロな方々がいます。
 その名はサカマキガイ。
 メダカたちに餌をやろうとして下を見ると――目が合うんです。

サカマキガイ
びよ~~~~~~~~ん。

 ね。見ていますよ、こっち。むしろ飼育者が観察されているって感じがしませんか?
 ちなみに普段はこんな↓風です。

サカマキガイ
つぶらなおめめと、何気に凝った貝殻模様がチャームポイント。

 外でのメダカ飼育には是非入れたかったサカマキガイ。
 フィルターのない外では貝がいるのといないとで水の調子に差が出ると思っています。
 稚魚の飼育にも便利です。愛嬌もあります。
 やっぱり貝がいないとね!(ただ単に好きなだけ
 ですが室内の水槽にいるラムズたちを外に入れた場合、大きくなりすぎてしまいます。
 だからラムズより小さな彼らが欲しかったんですが、サカマキガイは“水草に勝手についてくるやつ”であって、非売品(笑)です。

 どーか貝がくっついていますよーに、と祈りながら買ったアナカリスにはついておらず。
 ホテイアオイを購入したらついてきてくれました。(ホテイアオイは即効枯れました

 元々は一匹でしたが、五、六ヶ月経った今では大人(or大人に近いサイズ)が三、四匹います。
 水面を背泳ぎみたいに移動したり、写真のようにじっとこちらを見ていたりと、楽しい&愛嬌のある顔を見せてくれています。これから寒くなるので増えなくなるでしょうが、元気に冬を越して欲しいです。

ブログトップ > アーカイブ - 2009年10月

36cm水槽2

タンク

 ミクロソリウム・ウェンディロフという水草を入れる際、増えすぎた水草を捨てました。
 ボウルにして二杯分。水槽の中がグッと明るくなりました。水草によって大分光が遮られていたみたいですね。

 流木などの配置も変えました。アカヒレのボスのテリトリーが広くなりすぎないように妨害させています。代わりに他の魚のテリトリーはなるべく守るようにしました。
 ホースの色も統一しました
 リセットなし、魚を取り出しての大掃除なし、魚メインの長期維持を目標としているのですが、見た目も前よりはマシになったかな??
 ……にしても、この写真だと魚があんまりいないように見えます。どこが魚メインなんだっていう
 じ、実際には結構いるんですよ……。

 生体の変化としては、魚たちは元気なんですが、ゲストのカワコザラガイが激減しています。ジワジワと減ってはいたんですが、もはや絶滅寸前。ちょっと寂しい気もします。

entry
category
profile

sano

Author:sano
 2008年から小型水槽と共に暮らしています。
 好きな水草はアナカリスとマツモ。
 このブログには、私が飼っている小型魚の写真を載せています。見て行って下さいね♪

 管理人:sano
 1366×768
 画像などの無断転載はお止めください。(書くまでもありませんが……)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑登録しています。クリックして頂けると幸せ。

form
link
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

rss
copyright
Author by sano

Designed by マンゴスチンw

デジタル! ふぉと *DE* 小型魚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。