ブログトップ > スポンサー広告 > コンデジと熱帯魚 coolpix s600編(その1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > コンデジと小型魚 > コンデジと熱帯魚 coolpix s600編(その1)

コンデジと熱帯魚 coolpix s600編(その1)

 ある日突然、「色んなコンデジで小型魚たちを撮ってみよう!」と思い立ちました。
 色んな、って二機種だけですけども。

 一台はいわゆるスタイリッシュ系のコンデジ。感度は自分で選択出来ますが、絞りなどは自動です。
 もう一台は古くて大きめのコンデジ。当時の立ち位置は中級機くらい。外メンバーを撮るのに使っているやつです。
 撮ったままではないので大して参考にならないと思うんですけど、それでも違いが見えて楽しかったので載せます。私は写真下手なので、あくまでお遊びとしての記述ですm(_ _)m(※水槽の中が残念な雑木林みたいになっているのは仕様です)

 以下の写真は前者、coolpix s600で撮ったものです。
 AFは中央、感度は800か1600、ホワイトバランスは「蛍光灯」に設定しています。

アナカリスの写真
♪ぐーんぐーん伸びるよ~ア~ナ~カ~リ~ス~
みーんなが大好きー、ア~ナカ~リス~♪
(勇気りんりんのメロディーで)

アカヒレの写真
ボスアカヒレの欠伸。


ネオンテトラの写真
あれ、ネオンさん太った……


 感想としては……。
 AFは素早いんですが、ピントは大幅にズレていることが多かったです。何回かやるとそのうち合うので、そしたらそのまま撮るなり、カメラを前後に動かして調整するなりすれば大丈夫です。
 余裕があるなら、カメラを前後に動かすときに構図を変えればもう少し良くなると思います。私には余裕がありませんでした。

 良い点は、ボスアカヒレがカメラを警戒しなかったこと。普段はカメラをちょっと気にして、写りたがらないんです。

 問題は写りでしょうか。でもこのタイプのコンデジの位置づけを考えれば仕方ないかな、という気もします。背景がもあもあしているのは、感度を下げればマシになるでしょうから、次は下げることにします。

 それとホワイトバランスが「蛍光灯」だと、全体的に青みがかりました。「蛍光灯」で撮るなら、青を少し引いてやった方が良いと思います。ディスプレイによっても色は多少違うのでしょうが……。上の写真では少し引いてます。

 その2へ続きます。

entry
category
profile

sano

Author:sano
 2008年から小型水槽と共に暮らしています。
 好きな水草はアナカリスとマツモ。
 このブログには、私が飼っている小型魚の写真を載せています。見て行って下さいね♪

 管理人:sano
 1366×768
 画像などの無断転載はお止めください。(書くまでもありませんが……)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑登録しています。クリックして頂けると幸せ。

form
link
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

rss
copyright
Author by sano

Designed by マンゴスチンw

デジタル! ふぉと *DE* 小型魚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。