ブログトップ > スポンサー広告 > パトリック・モディアノ『暗いブティック通り』 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > 読書メモ > パトリック・モディアノ『暗いブティック通り』 

パトリック・モディアノ『暗いブティック通り』 

 読んで面白いと思った本のことを書きます。
(この本は同作者の小説における特徴から書かないと伝わり辛いので、そこから書きます)

パトリック・モディアノ『暗いブティック通り』 白水社  訳:平岡篤頼

 モディアノの小説は3冊しか読んでいないのですが、受け取り方がとても難しいです。
 読者に読み取らせようとする範囲がとても広いのです。

 モディアノの小説に出てくる主人公には、初めから「思いだせない過去(あるいは、過去でわからないこと)」があります。
 それは亡くなった筈の母親のことだったり、両親や同居人のことだったり、恋人だったり、あるいは自分の名前だったり、自分に関わる殆どのことです。その「謎」に引き込まれるように、主人公は人を訪ねたり、調べ物をしたりと行動に出ていきます――それが話の主軸です。
 ところが、この「謎」は大抵最後まで明かされません。私のように「どういう過去なんだろう?」と受身でページを繰っていくだけでは、「謎」の露ほどもわからずに終わります。私は最初にモディアノの小説を読んだとき、まるで推理小説を読んでいる気分でいたため、読み終えた後で釈然としないものを感じました。
 しかし、モディアノの小説はそもそも推理小説ではありません。純文学だと思って読むと、途端に面白くなります。純文学小説においては、計算式で導かれたような明確な答えなど要らないからです。
 そして3冊の中で一番心惹かれた小説が『暗いブティック通り』でした。この本でも、主人公は自分の過去を忘れています。

 モディアノの小説は「謎」が明かされないと書きましたが、ドイツ占領下におけるフランスが舞台だと意識すると、おぼろげながら話が見えてくるようになっています。(逆にこれを意識しないと話が全く掴めません)

 モディアノの小説を読んでいると、カンバスに描かれた絵を想像します。透明感のある、けれどもどこか陰鬱な雰囲気がある抽象画で、カンバスをガリガリ削ると別の絵が現れます。ナチスに翻弄される人々(ユダヤ人)です。このストレートな絵こそ、物語を包み込んでいる陰鬱さの原因ですが、抽象画に隠れて表立っては出てこないのです。物語を理解するには読者が自分の手でカンバスを削っていかなければなりませんが、読者の気分次第で2つの絵の混ざり具合を楽しむことも、あるいは抽象画だけを味わうことも出来ます。

 この本は同作者の『さびしい宝石』などと比べてもわかりやすいですし、日本語訳も好きです。特に会話でカギカッコを使用しないところが、主人公の透明感と浮遊感を高めるのに一役買っていると思います。読んでいる間に、何度、先を急ごうとする心を落ち着かせたことか。おすすめです。ゴンクール賞を受賞した小説でもあります。

 ちなみに、本の帯を見ると『暗いブティック通り』は『冬のソナタ』の脚本家が影響を受けた小説だそうです。『冬のソナタ』も観たことはありますが、記憶喪失の部分以外は似ていないと思います。でもそういう入り方もありだと思うので、『冬のソナタ』が好きな人にもおすすめです。

entry
category
profile

sano

Author:sano
 2008年から小型水槽と共に暮らしています。
 好きな水草はアナカリスとマツモ。
 このブログには、私が飼っている小型魚の写真を載せています。見て行って下さいね♪

 管理人:sano
 1366×768
 画像などの無断転載はお止めください。(書くまでもありませんが……)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑登録しています。クリックして頂けると幸せ。

form
link
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

rss
copyright
Author by sano

Designed by マンゴスチンw

デジタル! ふぉと *DE* 小型魚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。