ブログトップ > カテゴリ - メダカ水槽

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > カテゴリ - メダカ水槽

水の中の生き物たち(外メンバー紹介)

 2月のことです。
 発砲スチロールの箱で飼っていた外メダカたちですが、こちらの事情により、室内へ引っ越しさせなければならなくなりました。
 見切り発車なので勢いに任せます。まずはメダカを掬わないと。おりゃー。

移動中のメダカ
 100均のザルとボウルに入れました。
 白メダカというよりピンクメダカみたいになっていますね。
 エビは赤玉土ごと掬いました。

 水槽は納戸にしまっていた45cmのものを使います。
 補助として余っていた小さな外掛けを付けました。面倒なので改造せずそのままです。

 とりあえず全部移して、さあ、完成です。
 とても疲れましたから、さぞオシャレなものになっているでしょう!

水槽の写真
 …………お、オシャレ……な……。

 えっと、ごめんなさい。


メダカの写真3
 メダカたちは変わりなく泳いでいます。
 上から見ていたときは気付きませんでしたが、ちびっこに背曲がりちゃんがいるみたいです。
 気を配って餌をあげないと。

メダカの写真2
 ひょっこり。
 屋外で飼育している時は上からしか見られなかったから、新鮮です。

メダカと貝とエビの写真
 和む~。メダカとエビと貝が写っています。


 環境も新たにということで
 下に、屋外飼育メンバーを写真付きで載せていきます。
 珍しい生き物はいませんが、なかなか面白い生き物たちです。良かったら見ていってください。


メダカの写真1
 最初は勿論、白メダカです。
 ノーマルな白メダカなので、黄色っぽくなったりピンクっぽくなったりします。
 ここでは彼らが主役です。

カワコザラガイの写真
 次はカワコザラガイです。コケを食べます。
 アカヒレたちのいる36cm水槽から水や水草を移したので、そのとき一緒にここの住人になりました。
 36cm水槽ではいなくなってしまいましたが、こちらでは元気にしているようです。
 たった数ミリの小さなアワビみたいで、よく見ると愛嬌があります。一番小さい貝です。

サカマキガイの写真
 次にやってきたのは、サカマキガイです。メダカの食べ残しなど色々食べます。
 ホテイアオイと一緒にやってきました。是非欲しかった、可愛い生き物です。
 一時期は絶滅しかけていましたが、何とか増えてくれました。

ミナミヌマエビの写真
 その次はミナミヌマエビです。コケやらメダカの食べ残りやら、常に何かを食べています。
 文句なしに可愛い! が、今回の引っ越しで捕まえるのが一番難しかった^^;
 36cm水槽では増えてくれなかったのですが、こちらでは子供たちが育っています。

モノアラガイの写真
 最後はモノアラガイです。ホテイアオイと一緒にやってきました。
 触角の形や身体の色、殻の向きがサカマキガイとは異なります。あとサカマキガイより大きくなります。
 食べるものと可愛いところはサカマキガイと同じです。

メダカの写真4
 餌はテトラミンをメインにあげています。
(ネオンと違って浮かないので)

 屋外飼育ではなくなりましたが、呼び名は相変わらず「外メダカ(外メンバー)」のまま。 
 水槽になって横から見られるようになったので、写真を載せることも多くなると思います。
 よろしくお願いします

ブログトップ > カテゴリ - メダカ水槽

ちょこっとマクロ、モノアラガイ

 以前サカマキガイを綺麗に撮ろうとしたことがありましたが、今回はモノアラガイバージョンです。

モノアラガイの写真1

モノアラガイの写真2

モノアラガイの写真3

モノアラガイの写真4

モノアラガイの写真5

 モノアラガイのつぶらな目が、チラチラとこちらを見ていました。
 カワコザラガイもサカマキガイもモノアラガイも、頑張って寒い冬を乗り切ってくれ~。

ブログトップ > カテゴリ - メダカ水槽

その名はモノアラガイ

 前回の記事で書いた通り、今モノアラガイが外メンバーに加わっています。
 前々から、妙に大きいサカマキガイがいるな~と思っていたんですが、近くで見ることがありませんでした。
 ところがある日、目が合いまして。

モノアラガイの写真1
 貝殻も身の色も触角の形も全体の大きさも、サカマキガイとは全然違いますね!
 夏に投入したホテイアオイにサカマキガイと一緒に付いてきたみたいです。
 モノアラガイにも興味があったので嬉しい限り。
 一口にモノアラガイと言っても色んなものがいるようですが、私にはわかりませんでした。残念……。

モノアラガイの写真2
 と言う訳で、早速観察です。
 触角の形がラムちゃんのツノみたいですね。こんなインベーダーなら、鬼ごっこしても数秒で決着つきそうです。
 ちなみに、サカマキガイとモノアラガイだと、サカマキガイの方がタフだそうです。(今のところ、うちでは共存しています)

モノアラガイの写真3
 のほほんとした顔です。
 目が写っていると可愛く見えます。

モノアラガイの写真4
 かたつむりみたい!
 水面を背泳ぎしていました。

ブログトップ > カテゴリ - メダカ水槽

サカマキガイと白メダカ

 サカマキガイは泳ぐのが得意です。

サカマキガイの写真
 こうやってフワ―っと泳いでいきます。
 でも時々、邪魔が入るようです。

サカマキガイとメダカの写真
 こんな風に。
 水面のサカマキガイをと勘違いしてつつくメダカです。
 何回かつついて、これは食べられないものだと悟ったようです。
 メダカは去っていきました。
 
サカマキガイの写真
 無事、水草のマツモに辿り着いたサカマキガイでした。

 これらは五月に撮った写真です。
 当時は水槽から余ったマツモを一時的に入れていました。
 流木を入れたのもこの頃です。アク取り済みのものだったのですが、重曹と一緒にグツグツ煮たら気持ち良いほどアクが出ました。

 今はコケだらけになったマツモを取り除いて、たくさんのアナカリスと流木一本の簡素な作りになっています。
 そこには、白メダカ、ミナミヌマエビ、サカマキガイ、カワコザラガイ、それからモノアラガイが暮らしています。

 …………ン?

ブログトップ > カテゴリ - メダカ水槽

白メダカ 稚魚たちの成長

 日が開いたついでと言っては何ですが、大分日にちの経過した話題を書きます。
 メダカの卵の記事の続きです。当時はマメに載せていこうと思っていたんですが、写真だけ撮って更新せずに終わってしまいました。なので、簡単ですけどまとめを書いておこうと思って。2記事連続でメダカ、しかも長いのですが……。

 今回も自分で卵を破りきれない仔魚がいました。トータルで二十日経っても孵化出来ていなかったので、前のように何もせずにいるよりはと、こちら側で軽く卵を刺激して仔魚が孵化しやすいようにしました。
 刺激するのに使ったのは針です^^; 仔魚を傷つけないようにごく軽く卵をつつきました。
 結果的には上手く行きましたが、やってる自分でも怖かった……。

白メダカの稚魚の写真1
青いバケツの中で育てていました。

 孵化してそこそこ経った頃です。餌の後に撮ったので、お腹がパンパンですね。
 孵化してすぐの仔魚は“目の前にきた餌を何とな~く口に入れる”といった様子でそれが餌とも分かっていないようでしたが、この頃になると食欲大魔神になっていました。

 
白メダカの稚魚の写真2

 上の写真からもう少し経った頃だったと思います。すっかり“成魚の縮小版”になりました。一番大きいコは警戒して写真を撮らせてくれませんでした。

 途中「メダカを欲しい」と頼まれたので里子分に育てる匹数が増えて、全部で14匹の卵を孵化させました。育ったのも14匹で、やっぱりメダカ強しといった感じです。
 ところがメダカを分けてくれと言った人がダメになってしまい、現在の稚魚たちは全員親魚と一緒に暮らしています。ネットの上で育ち切った逞しいメダカもいて、メダカたちは大所帯になりました。

 ついでに載せるタイミングを逃したままだった、稚魚たちの兄弟(親も兼ねてる?)の写真も。

白メダカの写真
シャープに写った奇跡の一枚。

 外メダカと言えば、そうそう。
 結局ホテイアオイは全部で10株入れて、1株残らず枯れました。
 日当たりが悪過ぎて、もうアナカリスしか信じられない……。

entry
category
profile

sano

Author:sano
 2008年から小型水槽と共に暮らしています。
 好きな水草はアナカリスとマツモ。
 このブログには、私が飼っている小型魚の写真を載せています。見て行って下さいね♪

 管理人:sano
 1366×768
 画像などの無断転載はお止めください。(書くまでもありませんが……)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑登録しています。クリックして頂けると幸せ。

form
link
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

rss
copyright
Author by sano

Designed by マンゴスチンw

デジタル! ふぉと *DE* 小型魚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。